タオル生地防寒ケープ ダッフィーハンドメイド ダッフィー風防寒ケープ

バスタオルをリメイク♪ダッフィー風防寒ケープの作り方 -本体編-

更新日:

どうも、kigurumiです。

今回は、バスタオルでリメイクしたダッフィー風防寒ケープの作り方について、画像で詳しく解説していきたいと思います!

作る際に必要な材料を集めていない方は、下の記事を先にご覧になってくださいね!

関連記事

 

出来上がりのイメージです!

r_%e3%82%bf%e3%82%aa%e3%83%ab%e7%94%9f%e5%9c%b0%e3%83%80%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e9%a2%a8%e9%98%b2%e5%af%92%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%97-161

スポンサーリンク

防寒ケープの下部分を作る

taoru-duffy-4

大判バスタオルを用意し、裏向けて、下の画像のように上に向かってタオルを折ります。

taoru-duffy-2

約22センチの所で折りましょう。物差しやメジャーなどで図ってくださいね!

taoru-duffy-3

それが出来たら、

taoru-duffy-2

オレンジの線を引いている所を、手前に3センチ折りましょう。折ったら、マチ針で固定します。

taoru-duffy-7

下のようにできたらOKですよ~!

taoru-duffy-6

ミシンで縫っていく

バスタオルを広げて、マチ針で固定した部分を縫っていきます。

taoru-duffy-8

縫い代は、約1センチくらいです。

最終的にこの部分に強力ゴムを通すので、ゴムが通れば問題ないです。

taoru-duffy-10

taoru-duffy-11

縫い終わりました。後ろはこんな感じに仕上がっているはずです。

補強するためにギザギザ縫いをする

先ほど縫ったところの端っこが「ビロビローン」と浮いているはずなので、その部分をギザギザ縫いをし、補強していきます。

縫う位置は下の画像を参考にしてくださいね。

taoru-duffy-12

私が使っているミシンだと、ギザギザ縫いは「3」ですね。

taoru-duffy-13

では、縫っていきましょう。

taoru-duffy-14

taoru-duffy-15

裏を向けて、画像のように仕上がっていればOKです♪

強力ゴムを通す

taoru-duffy-16

次に強力ゴムを用意し、袋から出します。ゴムはまだ切らなくていいですよ。

taoru-duffy-17

ゴムの先端を安全ピンなどで巻き付けて、

taoru-duffy-18

最初に直線縫いしたところの穴に、強力ゴムを通していきます。

taoru-duffy-19

画像のようにゴムが出てきましたか?それでは、ミシンを用意しましょう。

taoru-duffy-20

直線縫いにセットして…、

taoru-duffy-21

ゴムが出てきたところを縫います。2.3回返し縫いをしてくださいね!

それが出来たら、ゴムが出てきたところをハサミで切ってください。

taoru-duffy-22

こんな感じですね!

では、切ったところの反対側を持って、ゴムを外側へ引っ張りましょう。

taoru-duffy-23

下の画像のようになるまで引っ張ってください。

taoru-duffy-29

いい感じに引っ張り終わったら、ゴムがずれないようにマチ針で固定します。

taoru-duffy-25

それが出来たら、ゴムが出ている手前を縫い付けます。

taoru-duffy-26

taoru-duffy-27

出来ましたか?

そうしたら、ゴムをハサミで切りましょう!

taoru-duffy-28

次に、タオルを裏向けて広げ、下の画像のように上に向かって約15センチ折りましょう。

taoru-duffy-31

それが出来たらマチ針で下の画像のように固定し、ミシンで直線縫いしていきます。縫い代は0.3センチくらいです。

taoru-duffy-32

taoru-duffy-34

このように出来たら、反対側も同じように縫いましょう。

taoru-duffy-35

こんな感じですね!しかし、角が尖がりすぎてちょっとかわいくないですね…。

ということで、角を丸く裁断し、縫い合わせていきましょう。

下の角を丸くしていく

下の端角から3センチ×3センチの位置に、チャコペンで印をつけてください。下の画像を参考に。

taoru-duffy-37

それが出来たら、下の画像のように線を描きます。

taoru-duffy-38

チャコペンで印つけたところを、ミシンで縫いましょう。

taoru-duffy-39

taoru-duffy-40

こんな感じですね!

そうしたら、縫ったところから約0.5~1センチ離したところを切り落としましょう。

taoru-duffy-41

ギザギザ縫いで補強する

切り落とし終わったら、ミシンをギザギザ縫いに設定し、

taoru-duffy-43

先ほど縫ったところを、ギザギザ縫いしていきます。

taoru-duffy-44

切り落としたところの毛が抜けると思うので、全て抜け切ってくださいね。

ここまで出来たら、反対側も同じようにしていきましょう。

taoru-duffy-45

両側ができたら、上の画像のように仕上がっていると思います♪

それでは次に進んでいきましょう。

本体を約75センチにする

下の画像のように本体(防寒ケープ)を置き、下から約75センチの位置にチャコペンで印をつけましょう

taoru-duffy-47

印をつけたところの少し上をまっすぐ裁断していきます。

(私はめんどくさがりなので、マチ針で位置付けしています)

taoru-duffy-49

裁断した布が下の画像になります。

taoru-duffy-50

裁断した残りの生地は、「フード部分」とベビーカーや抱っこひもに取り付ける際の「ヒモ部分」に変身するので、捨てないように注意してくださいね。

 

ここまでお疲れ様でした!今回はここで1度終わりにしたいと思います。

次回、フード部分の作成について解説してきますのでお楽しみに♪

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

-タオル生地防寒ケープ, ダッフィーハンドメイド, ダッフィー風防寒ケープ
-, , ,

Copyright© 誰でも簡単に作れるダッフィー風着ぐるみ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.